コラーゲンサプリメントにはファンケルやDHCなどの各ブランドがありますが、原材料や形状などが異なり、どれが最もお買い得かがわかりにくいです。
当サイトでは、賢くコラーゲンサプリメントを選ぶ方法や、基礎知識をわかり易く解説していますので、是非参考にして下さい。

あなたはコラーゲンが必要か?

まずはチェックしてましよう!

一つでもチェックが入ると、あなたのコラーゲンは確実に劣化しています。

まずは、原材料の選び方です。

動物由来のコラーゲン。

牛や豚の軟骨、骨、皮から取れる原材料で、熱に強く、加工しやすい特徴がある為、多くの健康食品で利用されています。

独特の臭いや味、アレルギー反応等の安全性が気になるところです。

魚由来のコラーゲン。

主に魚のウロコや皮から抽出され、動物由来に比べて分子量が小さいので、非常に吸収率が高いのが特徴です。
臭いや不純物(脂肪など)も少ない事から、安全性も高く、注目を集めています。

魚由来の原材料を選びましょう。

動物由来よりも魚由来の方が7倍も吸収率に優れている実験結果があります。また、安全性にも優れていますので、魚由来のコラーゲンサプリメントを選びましょう。

魚由来コラーゲンの選び方。

魚由来コラーゲンの原材料には「魚のウロコ」と「魚の皮」の2つがあります。

魚のウロコ。

原料調達が安価で、多くのメーカーがウロコを原料としたコラーゲンを製造しています。

ウロコは硬く、不純物が多い為、コラーゲンを抽出する為には塩酸などの薬品を使用する必要があります。
この処理で、コラーゲン自体を変質させる事がいわれています。

魚の皮。

加熱と酵素処理だけでコラーゲンを抽出する事が出来るので、品質や安全性の面で優秀なコラーゲンを作る事が出来ます。

「魚の皮」の原材料を選びましょう。

安全性や品質の面からみても、魚の皮が良いでしょう。

形状の選び方。

コラーゲンサプリメントには、以下の形状があります。

錠剤タイプ
錠剤は、飲みやすいサイズにしなくてはならない為、どうしても含有量が少なくなってしまいます。 この為、より多くのコラーゲンを摂取したい人には不向きです。
ドリンクタイプ
毎日、欠かさず摂取するにはお手軽と言えます。ただし、毎日同じ味になりますので、味に飽きが来たり、そもそも苦手な味かもしれません。
また、飲みやすくする為、人工甘味料などの添加物が多い傾向があります。
粉末タイプ
朝のコーヒーやジュースに溶かせる等で、味にバリエーションがあり楽しみながら摂取できます。
その他、料理にふりかけたり、化粧品に混ぜオリジナルコラーゲン入り化粧水が作れるなど、色々な楽しみ方があります。

粉末タイプのコラーゲンサプリメントを選びましょう。

コラーゲンサプリメントは、毎日続けてこそ効果を実感出来る物です。 粉末タイプであれば、飽きが来なく楽しみながら摂取出来るので継続しやすいです。

当サイトの「コラーゲン粉末の上手な使い方。」に粉末タイプの活用術がありますので、是非参考にして下さい。

コラーゲンペプチド。

普通にコラーゲンを摂取しても、分子量が20万前後と非常に大きく、体内で分解されがちです。
しかし、分子量を細かくしたペプチド化されたコラーゲンであれば、基本的に分子量は1万以下といわれていて、体内へ吸収されやすくなります。

ペプチドの分子量は3000以下を選びましょう。

吸収率をアップさせる為の分子量は、3000以下といわれています。
粉末タイプであれば、液体への溶けやすさを考慮すると、分子量3000がベストといわれています。

添加物の入っていないものを選びましょう。

これは当然ですが、余計な添加物(人工甘味料や防腐剤)が入っていない方が、毎日安心してコラーゲンサプリメントを摂取する事が出来ます。

パッケージに記載されている添加物を確認して下さい。

パッケージに記載されている原材料を確認した事ありますか? 甘味料や酸味料、ショ糖エステルなど、本来不必要な物が多く入っている物もあります。

まとめ

原材料は「魚の皮」を選びましょう。

形状は「粉末タイプ」を選びましょう。

ペプチド化(分子量3000)zされたものを選びましょう。

添加物の入っていないものを選びましょう。

おすすめコラーゲンサプリメント

上記の項目に全て当てはまるコラーゲンサプリメントを、見つけましたのでご紹介しておきます。

ナチュレコラーゲン(販売元:ナチュレサプリメント)

3,990円/袋(97,000mgコラーゲン)

国内水産加工大手の潟}ルハニチロ食品から提供を受けた「魚の皮」だけを原料にした、贅沢なフィッシュコラーゲンです。

しかも、完全無添加の粉末タイプなので、どんな飲み物・料理に混ぜる事が出来る為、安全性・継続性の両面から見ても他にはなかなか見る事が出来ないコラーゲンではいでしょうか。

ただし、こちらの商品の難点は、入手がしずらく、インターネット通販や、一部の百貨店でのみの取り扱いになっているようです。


Copyright (C) 2010 supplement-collagen.com. All Rights Reserved.